旅人のその後
9月28日、パリを最後に僕らの旅は終わりました(ドーハでの22時間トランジット含む)

一年ちょっとのつもりが半年間という驚異的に短い期間で終わってしまった僕らの旅

とは言え、今写真を見返してみると

半年とは言わずもっともっと長い期間行ってたように思えたり

もうかなり昔のことのように思えたり


あ、ここ行ったなー とか

そう言えばこんなもん食べたなー とか

この移動のバスが驚異的に狭くてきつくて とか

この景色がすごくて とか

この街でこの人と出会ったな とか

そんな風に懐かしく思ったりします

10年以上前に一人で旅した時はまーそれなりに感動したり面白かったんですが

パートナーと一緒だと感動もまた倍と言うか

何よりそんな旅の話をいつまでも「あの時はさ」なんて話せる

そんな思い出ができたことはとても素晴らしいことだなーと思ったり

ま、しかし楽しいことばかりではなかったのも事実

ナミビアのダートで死にそうになったことも今となっては良い思い出です








注(別の事件、秘蔵画像もありますがそれは彩香のブログの方にて)



そんで帰国して一ヶ月経ちましたが、ようやく働きはじめました

旅の途中に出会った人には「帰ったら働きたい店がある」って話してましたが

奇跡的にそこで働くことになりました

三日前から働いてます

東京です

そこで働きたいと思いはじめたのもタイのレストランGagganで研修したり

ヨーロッパのレストランで働く日本人の皆さんに刺激を受けたりしたことがあって

旅してなかったらきっとそんな気持ちも起こらなかっただろうなと思うと

そういう意味でも旅をしてよかったなと思います

中南米に関しては行きたい場所もいろいろとあったんだけど

まーそれはまたいつか









































































注(事故ったのこのすぐ後です)




























































11年前に旅して「いつか嫁さんと旅したいなー」と漠然と思っていました

11年前の夢は2013年4月5日に無事始まりまして

2013年の9月28日に無事終わりました

満足です

それではまた会う日まで









注(Tシャツはペアルックで買い求めたものではなく頂き物をたまたま同時に着てただけ)








という言い訳っぽい感じで締めてみる。。。