ARZAC
スペイン最後のレストランは宿からも歩いていけるARZAC

2012年の世界ベストフィメールシェフに選ばれたElena Arzacのレストラン

と言っても、お父さんもまだ現役か

でも料理は女性的なニュアンスを強く感じるもの多数

新しい時代の感性ですね

世界7位 ミシュラン三ツ星
















































ソフトボールくらいの大きさのスーパートリュフ

チョコレートソースをかけるととろけてゆく仕掛け



















トータルで受けた印象は「優等生」といった感じ

全てにおいて平均点以上の味で驚きもある

ただ印象に残るくらい本当に美味いというのがなかったなー

でも十分に楽しめたスペイン最後のレストランでした









ZEBEROA
サンセバ郊外のレストランZUBEROAへ

駅から歩くも意外に遠い ミシュラン一つ星








フォアグラムース トリュフの泡 ペドロヒメネスのソース

予想通りの重たい感じのアミューズで幕開け






かに イモチップ いくら






海老 中華風??





かぼちゃ燻製ソースに豚皮とろとろ

ソースの甘の具合といい、ほんとに角煮食べてるみたい

中華?




たまねぎスープ ソースが甘い






やきいか 縁日を思い出す感じ








マグロとトマト よく見る組み合わせ ソースがファミレス風




ピジョン キノコ イモピュレ





ミネストローネ







尊敬するシェフがかなり昔にレコメンしてたお店だったので

かなり期待していきましたが正直ちょっと微妙でした

日本的なものだったり中華的なものにアプローチしてるのか

アジア的な味つけがかなりあって

それが日本人の僕らからしたら中途半端でチープにうつる

クラシックで間違いない美味さを期待していっただけに残念

ランチだからといっても安くはないしね

明日はARZAC 明日に期待!






ASADOR ETXEBARRI
サンセバスチャンからバスを乗り継いで3、4時間

向かうレストランはバスクの山奥 まるでハイジの世界 晴れてれば。。。







ここのシェフの火入れに関する記事も専門料理のスペシャリテにのってました

その時の記事が印象に残っていたのと

どうしてこんな田舎のレストランにたくさんの人が足を運ぶのか

その理由が知りたく訪問

世界44位 ミシュラン一つ星












最初のこのアミューズですでにやられました

絶妙の薄さのクロッカンと絶妙の火入れのきのこの絶妙なバランス



薫香自家製バター




自家製アンチョビ





マグロとトマト

見た目シンプル だけど本当に美味しい




亀の手

ぷりぷりしてます。皮むくとジュが炸裂します。火入れ絶妙!





牡蠣とわかめ





火ははいってるのに生のようなねっとり海老 うまいです





ベビークラム





セップとナス 食感最高 ジュが溢れます







この時点でお腹いっぱい気味






完璧に満腹中枢が、、、、










デザートは別腹 薫香香る牛乳アイス






プラム なんとか食べきる

シンプル アセゾネと火入れ完璧 本当に美味しかった

どこか日本料理的な お寿司的な

素材を活かすという言葉を強く感じた料理でした

明日の予約もとろうとしたけど生憎夜営業してないらしい

残念でしたがまたいつか

来れるかな?









美食の街サンセバスチャン
バルセロナからの深夜バスは朝方5時頃サンセバスチャンに到着しました

チェックインの10時くらいまで、広場やカフェで時間をつぶし

荷物を宿に置いてからは街歩き

サンセバスチャンの街にはたくさんのバルがあり

お昼過ぎからたくさんの人で賑わっています

なので僕らもお昼から参戦です

























チャコリというサンセバ名産の発砲ワイン

高い位置から注ぎ泡立ってるところを飲むのが良いらしい
















































このキノコたちが感動する程美味かった

セップ、ジロール、にんにく具合とアセゾネが最高、でもちょっと高い。。。











お皿料理以外のピンチョスは大体2〜3ユーロ

ビールなどのお酒も2ユーロくらいだからちょっと気軽に行けちゃう感じ

おっちゃんたちは昼からみんなで盛り上がってるし、不健全なイメージ全くナシ

日本ではあり得ない光景ですね

本当にみんな昼から夜中まで幸せそうな街です




ダバダー
 マルセイユから夜行バスでスペインのバルセロナへ到着

まずはスペインバルで腹ごしらえ









からの観光。バルセロナと言えばのサグラダファミリア














正直外から見た感想はこんなもんかー、意外に小さいなーという感じでしたが

中はすごい!バチカンやイタリアで見た聖堂とは全く違って宇宙的

ガウディってどんな人だったんだろう、と思いを馳せました

建築物を見てはまったのはここが初めてのような気がします

ひとそれぞれの意見はあるんだろうけど僕的には大満足



















後はガウディ建築を見てまわります













ダリ展に行ったり








そんで夜はお目当ての










パエリヤ






ここのは魚の旨味満載で本当に美味しかった

gagganのとこでスペイン人のセルジが作ってくれたのと同じくらい

建築、食事、全て満足なバルセロナでした