水の都
 花の都フィレンツェを経由して水の都ベネツィアへ















こういう仮面が街の至るところで売ってました

ヴェネツィア名物?
























きのこの季節

秋がやってきたのかと市場で思う









世界で一番のピザ
ピザを食べにナポリにやってきました

多くの旅行者が訪れるであろう青の洞窟も完全無視のピザツアーです







ナポリの街はイタリアの他の街に比べ治安が悪く、大変汚いです

インドのバラナシを彷彿とさせます

少なくとも牛の糞は落ちていないので、実際あそこまでは汚くないんですが

しかしながら彩香はこの街の雰囲気がお気に召さない模様です

まー大体の女性旅行者はお気に召さないんじゃないでしょうか

とりあえずピザを食べます

DI MATTEOというお店へ















マルゲリータと揚げピザ

体調不良を未だに引きずっており、ビール飲みたいという欲求が湧いてきません

揚げピザはベーコンとチーズとベシャメル?っぽいソース

どちらも普通に美味しい


そして夜飯第二弾はDA MICHELE

地元の人はここがナポリで一番だって言ってました












行ったのが夜遅かったので中で食べれず、ホテルにお持ち帰りしたマルゲリータ

あまりに美味しかったので次の日も開店と同時にミケーレへ

ピザはマルゲリータとマリナーラだけ

マリナーラなんてトマトソースとニンニクとオイルだけなんでほんとシンプル

でも今まで食べたピザの中で本当に一番美味しかった

生地の固さとかソースの塩加減とか、全体のバランスが絶妙

ピザはどこでも大体一緒だと思ってたけどその考えが覆されました








あーもう一回食べたい!




ローマの休日
モデナという街から列車でローマへ











正直ローマと行っても僕はどこに行ったらいいのか見当もつきません

とりあえず彩香に着いていきます








何とかの泉。コインを投げるようです









真実の口

何か吐いてます









あ、こっちが本物でした





バチカンという国が歩いていける範囲にあります

バチカンにある何とか大聖堂へ









僕はこういったものに対して感じるパワーが少し低いように思います

みんな同じに見えてきます

博物館行ってもみんなよりすごい速いペースで出口に辿り着きますし





それよりも今日のご飯が大事です

















食のジャーナリストが紹介してくれたカルボナーラでしたが

日本のそれとは驚くほど異なったもので、麺はかたく卵は若干凝固気味

二人でシェアして正解なくらい重たくて

これがイタリアなんだな〜と感じたカルボナーラでした

勉強勉強。。。