世界一の国で
世界で一番の高層タワーや世界一高額なホテルなど

とにかく世界一が色々ある国UAE

アフリカ前の小休憩に、二泊三日の予定で立ち寄りました




 



当然のことながら世界に誇る7つ星ホテル”ブルジュアルアラブ”に泊まることもできず
(一泊15万位〜)

世界一高いタワー”ブルジュハリファ”にのぼることもできない僕ら
(展望台まで当日価格8000円)

そんな僕らが向かったのはスパイスマーケット









基本こういうの見てるだけで楽しいんです

安上がりだしね


あとはドバイミュージアムなど(入場料3AED=100円以下)







それからメトロに乗って世界最大のショッピングモール”ドバイモール”へ

世界最大のショッピングモールには日本が誇る紀伊国屋書店もあります

日本語の本も揃っていて地球の歩き方なんかも(値段は定価の2〜3倍)

そして日本ではなかなか買えない世界の有名シェフの料理本がたくさんあるのを発見

ほんまに感激。約3時間程立ち読み。




(↑海の音を聞きながら食べる貝の料理の図)


"FAT DUCK" "ALINEA" "MUGARITZ" "ELEVEN MADISON PARK"

"ASTRANCE" "NOMA" "FRENCH LAUNDRY"等々

ほんますごいっす(分かりづらくてすんません)



嫁さんは横でパンの本を立ち読み

アフリカを通り越して二人の頭の中はすっかりヨーロッパ

今から楽しみです











世界最大のモールの横には世界最大のタワー”ブルジュハリファ”があります

あまりに世界一過ぎて僕の50m単焦点レンズには収まりませんでした










そしてその隣にはこれまた世界一の噴水”ドバイファウンテン”









あまりにも世界一過ぎて水しぶきがすごいです

前の方で見ていたら確実に濡れます









この国がここまでの発展を遂げたのはもちろん石油のおかげなのですが

その石油資源もあと二、三年で枯渇するそうです

石油に頼らずに国の経済を維持する為、約20年かけてつくりあげた近代都市

ドバイミュージアムで1990年頃のドバイの映像を見てびっくりしました

ほとんど何もない状態から20年でここまでいけるもんなんですね

石油枯渇後のこの国もそうですが

高齢化社会をむかえる我が国のこの後も果たしてどうなっていくのか

その時代に適した生きていく為の能力や方法論

加速度的に速まっていく時代の流れをしっかり見極めないといけませんね





色々な意味でこの国を見ることができて良かったです

そして今夜のフライトで"世界一の発展都市"から"世界一の危険都市"ヨハネスブルグへ

旅に出て三ヶ月で早くもアフリカ編突入です